熊本 歯周病

HOME / 歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは

健康な歯ぐき

健康な歯ぐきとは、どういうものでしょうか?
健康な歯ぐきは淡いピンク色で引き締まっており、オレンジの皮のような表面をしています。出血はありません。

炎症のある歯ぐき

歯周病(炎症)のある歯ぐきは、どのようにみえるでしょうか?
炎症のある歯ぐきは赤くてテカテカしています。炎症は通常歯間乳頭と呼ばれている歯と歯の間の歯肉からはじまり、徐々に広がっていきます。炎症のある歯ぐきは特に歯ブラシを使う時ですが、容易に出血するほど柔で時には痛みも伴います。

歯周病の原因は何でしょうか?

歯周病の原因は何でしょうか?

歯の表面に絶えることなく形成される細菌性の膜、これをプラーク(歯垢)と呼んでいますが、それが原因です。

プラークを構成している細菌はもともと唾液の中にいますが、ヒトに共通して認められるものです。
プラーク(歯垢)は歯の表面ででき、プラークからの毒素が歯ぐきにしみ込みます。
こうして歯ぐきのまわりに残った大量のプラークが炎症を引き起こすのです。

歯石

プラークはどの様なものでしょうか?
プラークは本来歯と同じ色ですので見つけるのが困難です。
(ネバネバですが)軟らかく歯磨きで取り除けます。取り除かないと、石灰化し始めて硬くなっていきます。歯石がつくられるのです。
新しく軟らかいプラークがざらざらした歯石の上に急速に形成されます。そしてこれが炎症を引き起こし、進行させるのです。

炎症はどのようにして拡がるのでしょうか?

歯ぐきは腫れて歯からはがれてきます。
歯ぐきと歯の間の裂け目が深くなりはじめポケットを作り、炎症はより深部へと拡大します。歯根膜線維は傷害を受け、歯を支える骨(歯槽骨)は消失しはじめます。
この過程は引き続きおこり、硬い黒色の歯石が歯根の上に形成されます。
治療をしないとさらに歯周ポケットは深くなり、骨は消失し、その結果、歯はグラグラになります。
最後にはとうとう歯は線維と骨の支持を失い、抜け落ちてしまいます。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

歯ぐきは赤く、腫脹しています。ポケットができています。プラークと歯石がポケット内の歯根表面にみられます。骨の先端部が消失しています。

重度歯周炎

重度歯周炎

病気は進行し、かなりの骨が消失しています。歯はグラツキを感じるようになっています。

レントゲン写真

レントゲン写真

レントゲン写真で骨をチェックすることで歯周炎が始まっているかどうか判断することが可能です。
左の写真は健康な骨を示しています。
右の写真はほとんどすべての骨がなくなっていることを示しています。

歯周病の治療

歯周病の治療
歯周病の治療

何よりもまず患者さんと私達が協力して役割分担を行い治療するんだという心構えが重要で、それがあれば必ずや歯周病を治すことができるのです。

患者さんの役割は1つ、正しい清掃器具で歯茎の入り口から外に毎日ついてくる歯垢(ネバネバした汚れ)をとることです。
つまり皆さんが毎日やっていることなのです。

しかしその器具と使い方をちょっと改善するだけで見違えるほど効果があがるのです。

私達の役割は歯茎の内(ポケットの中)の歯面についている歯垢を器具を使って除去します。

ページトップへ